2019年6月12日 10:41 pm

「合格者平均点」予想と実際を比較!

 

◆Aグループ、総合では昨年A比-4.5点でかなり難化と予想しましたが・・・、

若干極端、-3.2点でした。理科以外は僅差でよかったです。

 A予想 国語14.25 数学12.75 社会12.25 理科8.25 英語11.75 合計59.25
実際は 国語14.10 数学13.10 社会12.50 理科9.10 英語11.70 合計60.50
比較・・ -0.15   +0.35   +0.25   +0.85   -0.05   +1.25

 

◆Bグループ、A比さほど変わらず、昨年B比では-1.6点でやや難化と予想・・・、

結果はA比0.3の僅差で予想通りでした。昨年B比もまずまずの-0.8点でした。

社会と理科は問題約1問分のハズレでしたが他科は僅差でした。

B予想 国語13.50 数学12.25 社会11.75 理科11.00 英語11.50 合計60.00
実際は 国語13.80 数学12.40 社会13.00 理科10.10 英語11.50 合計60.80
比較・・ +0.30   +0.15   +1.25   -0.90   ±0.00   +0.80

 

のべ10科目中7科目は±0.5内に収まり、手前味噌ながら中々だとは思いますが、

如何せん残りの3科目は±0.5を大きく(私の基準です)超えてしまいました。

実は理科Aは10連休に再分析、あとから予想点に0.5加えたかったのですが、

ズルいかなと思い、まあ止めました。←こういうの書くのもズルいですね。でも本当なんです(泣)

教委の発表前なので直してもよかったかな。それにしても社会Bが私としては大ハズレ!

ショックです・・・。何か納得行かない気もしますが、再分析してみることとします。

国語と英語は昨年のこともあり、かなり気合を込めて精査しましたのでこの通りナイスですw

数学も自信ありましたね。

 

さて、来年はどうしようかな、と。まあ所詮は自己満足の域を出ませんが(苦笑)

しかし少なくとも近隣高のボーダーは引き続き予想したいと思います。

Categorised in:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください