2021年1月7日 1:37 pm

コンプリートパスの指定校である東海中学・南山中学女子部・滝中学の入試願書受付がはじまりました。
みなさんの努力が実を結ぶことをお祈りしております。

入学後、最初のテストで上位につけるには入試直後からのスタートダッシュが必要です。
入学前に英語・数学の学習内容の先取りをしておくことで、学校の授業に余裕をもって臨めます。

 中学進学準備講座

1. 授業の受け方、ノートの取り方から学習の方法をリセット

中学受験では、塾の先生のいう通り頑張ってきました。
しかし、ほとんどの生徒が決して「自主的に」「能動的に」学んできたわけではありません。

どんな手順 で学習していくか「時間をかけて」学んでいかなければなりません。

生徒によっては1~2年かかってしまうことだってあります!

また、効率を優先し、プリント中心で学習してきたので板書の適切な写し方から始まって、授業の受け方も指導する必要もあります。

2. 空白の50日(受験終了から入学まで)を作らない

中学受験が終わり、いきなり勉強を全部やめてしまうと、今度は勉強を始めるのがとても大変。
ですが、勉強を少しずつでも続けていけば滑らかな中学スタートが切れるのです。

また、各中学が提出する「新学期までの宿題」も計画的に仕上げることを指導していきます。

3. 1学期中間・期末テストまでの英語・数学の予習を実施

学校が始まってからもGWまでは要注意です。
ガイダンスやイベントが多く授業がほとんど進みません。
GWが終わると、何もしないまますぐに「中間テスト」です(=「魔の40日」)。

少なくともこの時期までに英語と数学の中間テスト範囲を学習し終わっておきたいものです。
その状態であれば急に学校の授業が進んでも大丈夫。また、中間テスト対策はその他の科目から進めていけます。

4. 週4回だから楽ができる

中学受験が終わったばかりなのに、週4回も塾通いなんて…。

よく言われます。

中学受験で無理をさせたから…。しばらくは自分のペースで…。

「でも、それが間違いだった。」

そうおっしゃられる保護者の方々のなんと多いこと!

放っておいたらほとんどの生徒は勉強しなくなります。

年齢的にもだんだんお父さん・お母さんの言うことは聞かなくなってきます。
中高一貫校の進度は早いです。あっという間にわからなくなってしまい、気が付いたら手遅れ…。
そうならないためにも学校の進度より早く、テスト前には全科目対応のテスト対策。

1日2~3時間の勉強時間を確保させることで、学校の勉強も、受験へ向けた勉強もOK。

部活をやっていても問題なし。かえって楽が出来るはずです。

だからコンプリートパスは中学受験を終えた生徒さんたちに、こんな講座を用意しています。


準備講座申し込み

進学準備講座生募集

Categorised in:

Comments are closed here.