東海中学定期試験対策「バッチリでる講座」とは?

いよいよ定期試験が、7月27日から始まります。
「どんな問題が出るんだろう」「テストまでに何をすればいいんだろう」と不安に思っている人も多いのではないでしょうか。
バッチリでる講座は、そんな不安を取り除く、定期試験に完全にあわせた定期試験対策講座です。

定期試験攻略のポイント

1. 試験勉強は2週間前から始めるべし
学校のテスト週間は1週間前ですが、1週間前にやっとテスト勉強を始めるのでは間に合いません。テスト範囲を予想して、遅くとも2週間前から準備しましょう。

2. テストを想定して問題に当たるべし
 本番のテストは問題集を解くのとは違い、緊張感や制限時間との戦いになります。時間を長くかけたり、計算を計算用紙に書いたりすると、当日思わぬところで得点を落としてしまうことも。テストを想定した解答を作りましょう。

3. 問題集だけにたよることなかれ
私立中学は細かく高度な知識を授業で扱っていくため、中学生用の問題集では対応できません。課題になっている中学生用の問題集をやっただけでは、テスト勉強としては不十分です。ノートやプリントの内容を中心に勉強しましょう。


バッチリでる講座、得点力アップの仕組み

そっくりでるテスト

過去に出題された問題からの
模擬試験!

東海攻略教材

書店では市販されない
テストのために作成された
オリジナル冊子・プリント

バッチリでる授業

東海中学校のテストのための
講義授業

過去の問題をもとにした「バッチリでるテスト」でテストのシミュレーションをします。テスト本番のように時間を計り、本番そのままの解答用紙に解答をします。計算はどこに書く?字の大きさは大丈夫?時間配分はOK?テストを一度受けることで、気をつけなければならないことが実感できるはずです。
 
テストに備えようと問題集を探しに本屋さんへ行っても、なかなか合うものはありません。東海中学校の授業はオリジナルのプリントや、私立中学校だけで使う教材から出題されることが多いです。バッチリでる講座では、中学のオリジナル教材に合わせたオリジナルの教材を作成し、テスト対策に使用しています。 今までのテストはどこがポイントだったか、何をどのように聞かれるかを講義形式で授業します。ただ聴くだけでなく、覚えたかどうかの確認をしながら進める授業ですので、テスト前の総確認になります。

バッチリでる講座、2週間の流れ

バッチリでる講座って実際どうなの?先輩たちに聞いてみた

    
  • 最初のテストでは、社会をキーワークしかやってなくて、本番で細かい内容が壊滅しました。先にばっちりでるテストで練習をしておかないと、勉強が足りてないかもと心配になる。むしろ受けないと不安!
  • 国副は問題集が売ってないから勉強がしにくい。何を覚えればいいかわからなくて大変だったけど、ここのオリジナルのプリントがすごく役にたった。
  • 数学はテストでやるときと問題集でやるときは緊張感が違う。本番だけの一発勝負だったら、もっと計算ミスしてるような気がする。答案の書き方まで見られるから、間違ったやり方をせずにすんでるんだと思う。
  • 平均点が教科によってばらばらでビックリする。順位出してほしい!
  •     
    
お申し込みはこちらです