中学受験の意義Significance

 

私立中学の優位性

学習指導要領の改訂などにより混乱が確実視される公立中学より、
子どものためには、あらゆる面において私立中学は優位ではないでしょうか。
私立中学の優位性を5つのポイントで見てみましょう。

教育環境の一貫性

1教育環境の一貫性

画一的な教育内容にとらわれることなく、各学校の理念や方針に基づいた教育を積極的に実践しています。そのため、教育環境には一貫したポリシーがあり、校風も学習内容も明確です。

学習内容の充実

2学習内容の充実

各学校の受験をクリアした生徒が入学するため、学力的に一定レベルの集団となります。そのため、より効率的な授業を展開することができ、文部科学省が定めた学習指導要領以上の応用学習を実践することが可能です。

教師の意欲

3教師の意欲

原則的に教師の転勤がないため、蓄積された教育ノウハウが連綿と受け継がれており、それが各学校の特色を作り上げています。また、その教育の成果が入学希望者数や社会的評価として直接返ってくる厳しい環境下にあるため、私立中学の教師は帰属意識が高く、責任と誇りを持って指導にあたっています。

生徒への気配り

4生徒への気配り

教育環境の構築における自由度が高く、学習内容だけではなく、学校行事などもオリジナリティに富んでおり、生徒の実状に合わせた柔軟性も兼ね備えています。教科指導や学校生活支援においても一人ひとりの生徒に合わせて柔軟な対応することが多く、こまやかな面倒見の良さがあります。

大学入試に一直線

5大学入試に一直線

中高一貫校の場合、高校受験の必要がなく、中学生のうちから大学入試を視野に入れたカリキュラム編成を組むことができるため、一般的に進学校では難関大学の合格者を多く輩出する傾向にあります。

中学受験では通知表の点数ではなく「本当の学力」を身につけることによって、「トップ校」に入学することが可能です。また、受験勉強を通じて、子どもたちは徹底した学習習慣と幅広く深い知識を身につけ、努力することの大切さを知り、大きな自信を得ることができます。

お問い合わせお申し込みは
各校舎にお電話いただくか、以下お問い合わせフォームよりお願いいたします。

Comments are closed.